子どもの成長記録をつけていますか?

お子さんの成長記録を付けているママさんは多くいるではないでしょうか?1日、1日で驚く成長を見せてくれるので、すごく楽しいですよね。初めて、しゃべったときや、笑った時、嫌いだったものか食べられるようになったときなど、毎日見ていて飽きないのが子どもの成長だと思います。特に、多くの方が幼児の成長記録を取っているのではないでしょうか?幼児教育は、子どもの将来にも深くかかわります。
子ども教育が将来の人生に関わることは、なんとなくですが多くの人が認識しているはずです。特に、勉強で苦労した人は、子どもには苦労をさせたくないと思うはずです。ノーベル賞を受賞したジェームズ・J・ヘックマン(シカゴ大学教授)は40年以上にわたる追跡調査から、5歳までの教育が、やる気や忍耐力を伸ばし人生を変えると述べています。

5年で人生が決まってしまうなんて、考えたことがなかったので、非常に新しい意見でした。人格形成に深くかかわる幼児教育こそ、非常に重要であり、幼児教育マスターになれば、そのあとの子育てが何倍も楽しみなるかもしれません。 海外では、どんな子どもの教育がされているのかもきになるところですよね。

現在、グローバル化を急速に進んだことで、就職や転職に英語能力が非常に重視されています。バイリンガルであるというだけで、仕事が見つからないということはないと思います。日本の教育もその影響をかなり受けています。英語の苦手意識は、将来のキャリアに深くかかわることは明白だと思います。現在では、小学校から英語の授業が義務化されたことで、いろいろな話題が上がりました。モンスターペアレンツ対応に追われる先生の負担がさらに増えたとか、日本語をちゃんとやらずに英語を学ぶのはどうなのかなど、意見はたくさんあると思います。

そんな、子どもの成長を皆さんの経験をもとにまとめてみました。ぜひ気になる方は、読んでみてください。

内職 アルバイト

お小遣いNET